福島県が受けた風評被害

東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故により、福島県は多大な放射能汚染の被害を受けました。放射能の直接の被害のほかに、事故による放射能汚染に関する様々な噂が広がったことによる風評被害が瞬く間に広がりました。この影響により、農作物の生産に関しては多大な影響を受けることとなりました。さらには、農作物だけではなく、福島県内の様々な産業にも影響が出ることとなりました。一部の企業では、福島県内にいることで、特に海外からのイメージが悪くなり、撤退や移転を進める姿を見ることもありました。中には、福島県で製造された製品を採用されたことが問題とされた県外の地方自治体もありました。さらに、観光業でも大打撃を受けることとなりました。福島県は、温泉地等で観光も盛んな地域でありましたが、観光客が激減することとなりました。経営が行き詰ってしまったホテル、旅館も出るほどであり、風評被害により大きなつめ跡を残すこととなりました。

噂の拡散による風評被害

風評被害とは、根拠のない噂などによる受ける被害のことを言います。特に、事件や事故が発生した際の報道により、本来は無関係であるはずの人々や団体までもが損害を受けることを言います。最近では、インターネットにより、噂の拡散が広く、早く伝わるようになり、風評被害への影響度が高いとも言えます。最近の風評被害としては、東日本大震災による原発事故の影響があった福島県や、火山噴火の恐れがあるとされる神奈川県の箱根温泉や宮城県の蔵王温泉が、これにあたります。この地域は、観光地でもあり、放射能汚染や火山噴火の可能性の報道も頻繁に行われて、報道を見て解釈をした人の噂などの影響により、観光客が激減してしまいました。さらに、直接影響の無い地域まで被害が及んでいる現状もあります。このように、ひとたび噂が流れると、地元の経済や産業にまで大きな打撃を与えてしまうこともあります。

ネットでの投稿により大きな風評被害が生まれます

風評被害は字のごとくちょっとした事で風のように広がっていってしまいます。悪気などなくネットなどでちょっと気になった事や噂などを投稿すると全世界の方々が見ている物ですので、いろいろな場所で多く取り上げられてしまう事があります。自分自身良いと考えて載せたつもりでも、人それぞれ受け止め方がちがうので、そんなつもりはなかったのにと後悔しても遅い場合が多く見受けられます。何かの事での中傷などについては、ネットに載せる前に考えてから載せないとあっという間に風評被害をこうむってしまう場合がありますので気をつけて下さい。自分自身の事なら自分が載せた事なので諦めが付きますが、第三者を巻き込んで問題を起こすような事もありますので、とても怖い場合があります。後悔しても一度のってしまったものは、後戻りできませんので気をつけた方が良いです。